1番大事なのはやっぱり動きやすさ?

スタイルがよく見えるようにとか、ちょっとセクシーに見えるようにとか、そのファッションによって目指すものは変わってくると思うんですよね。
なので、その当時当時で私としても目指すものを変えていたつもりなんですが、もう今は子供の手をつないで、一緒に走り回って・・・抱っこして・・・なんていうことばっかりしているので服装に関してもかなり動けるような服装になることが多くなりました。

セクシーとか必要ないし、スタイルがよく見えても、動きにくかったら意味がないってことで、やっぱり動きやすい服装を1番優先してその日のファッションを決めるようになったんですよね。
スーツ リサイクル
悪いことではないし、TPOがちゃんと理解できているっていう気がして、いいなって。
むしろ、前よりも色々な格好の選択肢が広がったからとても嬉しく思いますね。
これからも動きやすい服装っていうことで、色々考えながら毎日の服装を考えていきたいと思います。
それもそれで結構楽しいんだよね。

オシャレは我慢・・・だけど靴はそういうわけにはいかない

オシャレには多少の我慢が必要。
夏には少し暑い思いをしても。冬には少し寒い思うをしても。

でも、靴ってなるとそういうわけにはいかない。
まぁ真夏にブーツを履くって人もいないと思うし、真冬にビーチサンダルを履くっていうこともなかなかないと思うけど、でも場合によっては夏にブーツを履く機会もあるかもしれないし、冬にサンダルを履く機会っていうのもあるかもしれないよね。
その点での我慢っていうのはオシャレに必要な我慢かもしれないんだけど、靴の我慢でしてはいけないのは、サイズが合わないっていう点での我慢。

靴擦れとか外反母趾の原因になるんだし、絶対にきちんとしなければいけないわけですよね。
そこだけは我慢すればいいっていう問題ではないわけですから。

いくらオシャレのためとはいえ、我慢が出来る範囲としちゃいけない範囲っていうのがあるわけですからね・・・。
そこを間違っちゃいけないんだと思うんです。
体は大切にしないといけないもんね。

路線変更する際の身近な友人の視線が・・・

ファッションの路線変更をしようかなと思っても唯一気になることがあるんですよね。
それが、周りからの視線なんですよね。
どうしても気になってしまう。
確かにこれまであまり“この路線”というファッションはしてこなかったんだけども、ただどっちかっていうとあまりガーリーな格好とか、ふんわりした格好っていうのはしてこなかったので、ちょっとそれに片足突っ込んだような格好をするともう周りからのツッコミがすごいんですよね。
“どうしたの?”“女の子に目覚めたの?”“可愛い路線になりたいの?”なんていう風に色々言われてしまって、何か失敗したなっていう気分になってしまうわけです。

まぁ仲がいい友達のみそういうことを言って来るわけですから、あまり気にならないといえば気にならないのですが、やっぱり何か恥ずかしい感じで一杯になってしまいますね。
myuze 予約申し込み
服を選ぶのが大変とか、これまであった服をどうしようとかそういう悩みより周りからのうるさい意見をどうしようっていうのが1番の問題になるかもしれないです。